どこの毛までできるの

脱毛はむだ毛を体から除去することですが、脱毛はどこまでできるのでしょうか? レーザー脱毛による脱毛は顔・体トータル的にほとんどできるのですが、毛髪・粘膜・目・鼻・まゆげはできないといわれています。皮膚の弱いところにレーザーをあてることができないのです。 特に目の周りはとても皮膚が弱いため、まゆげを施術した際に目への影響を与えてしまうと危険なため行うことはできません。 他にはしみ・大きなほくろがある場合には施術できない場合があります。ほくろが悪性ということはあまりないのですが、医師による相談のもと施術できるかどうかを確認する必要があります。レーザー脱毛では黒い色素に反応して光を当てることから強い色のついている場合はレーザーがあてられないことがあるのです。 皮膚が黒ずんでいる・メラニン色素を多く含んでいる場合にもやけどをしやすいなどトラブルを生じやすいためレーザーをあてることを控えた方が良いといわれていますが、これらも医師の診断のもの行います。 レーザーは強い光によって脱毛を行うため、控えた法が良い部位は無理に脱毛すると肌への負担が大きくなってしまうということを忘れず、必ず医師の指示のもと行うことが大切です。

人気のサイト案内